スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急戦隊・・・じゃなく

待ってろよ、生きてろよ
絶対そこへたどりつく
大大災害、大大混乱

・・・・・・じゃなく

消防救助機動部隊の話題を触れようかとw
まあ前振りが判った方は
「しまやで僕と握手!」(マテ

あー本当に進まないんでこの辺で(苦笑)
本部長や黒T番長がブログで少し触れていますが、
今回の震災で原発へ出動された第六消防方面本部消防救助機動部隊(通称ハイパーレスキュー)は、
しまやから徒歩5分ほどの場所に有ります。

「消防救助機動部隊」
災害時に機動力を発揮する特別な技術と能力を持ったレスキュースペシャリスト部隊。
言うなれば災害救助のプロフェッショナル集団ですね。
第六消防方面本部は外の柵からでも少し中の施設が見ることができますが、
敷地内に瓦礫の山など積まれており、災害を想定された訓練を日々行っている事が施設からだけでも感じられます。

今回の放水の会見で、
部隊長がそのスペシャリストの彼らでも今回の任務は緊張や恐怖心は並々ならぬものだった、
と語っていたのですが、
今なにをしたいかの質問に対し

「ゆっくり寝たいです」

という笑顔のコメントを聞いたときには、
とりあえず当初の任務を成功させられたという事をテレビの画面越しに感じさせてもらいました。

こういった場面では災害現場だけではなく、
TVにまで出なければ行けない大変な任務で、
風評等も有り色々と話題も付いて回り大変だとは思いますが、
負けずにがんばってもらえればと思う、赤きゃんどる大尉です。

110326_1.jpg



急げ!同人誌印刷しまや出版




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。