スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り約2億3000万個。

おはようございます。山菜サボテンです。そろそろ水曜日が終わりそうなので、夕食の準備も放り出して早く記事を書かないとなりません。

今回は地雷についてです。
地雷といえば、ニュース番組で時折特集が組まれ、被害に遭った方々の映像が流れてきます。あの映像だけで地雷の恐ろしさ、残酷さなどについてはもう語ることは何も無いでしょう。
知識に関しても、軍や戦争関係のゲームやアニメでは必ずと言っていいほどの出席率を誇り、説明を読んだり聞いたりして、一般の人でも結構な知識をもっていたりします。
しかし、実際の地雷については案外間違った知識を持っている場合も多いです。特に「地雷の目的」については大半の人が間違った認識をしているかもしれません。
上記のようなもので出てくる地雷の大半は、対人用の地中埋設型地雷(円盤のような形状で土に埋まっている)です。ご存知のように、運悪くこの上を歩き、信管を叩くと地雷が爆発します。ここで大体の人が勘違いしていることは、この爆発の目的が人を殺すことではなく、体の一部(主に脚)を吹き飛ばすか、大怪我を負わせることにあるという点です。
当然、これで人が死んでしまう場合も大いにありますが、それよりも敵の戦意喪失と後退が最大目的である地雷は、大怪我を負わせ、一刻も早く医者(軍医)に診せざるを得ない状況を作り上げることで、敵部隊を退けさせることが地雷の目的になります。ある意味殺すことを目的とするよりも恐ろしい考えです。

タイトルにあるように、世界には約2億3000万個の地雷が残っています。しかし実際はもっと多いのではないかと予想します。
更に過去10年間での地雷での死傷者が約10万人。1年間で約1万人。1日あたり約30人程度が被害に遭っていることになります。

なんというか、あまりこういう記事(これよりもうちょっと過激な記事)を書くと非難が出たりするのが世の常ですが、何も知らないで「かわいそう」というよりも、少しでも理解することが大事なんじゃないかと個人的には思います。

しかし何はともあれ、幸運にも平和な国に生まれ、そこで暮らしているのなら、その幸せは保ち続けたいものです。



平和な国の夜空。
11-02-09_001.jpg
誰がなんと言おうと夜空です。



http://www.shimaya.net/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。