スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲腸ってどれくらいなんでしょうか。

おはようございます。山菜サボテンです。
お正月太りは解消しましたでしょうか。まだでしょうか。今回はもう手っ取り早く体重を落としましょう。上手く行けば1日で数kg痩せられます。
まずは運動です。1kgの脂肪燃焼には、7000kcalのエネルギー消費が必要です。ジョギングだと1時間で大体564kcalのエネルギーを消費するそうなので、10時間以上ジョギングをすれば、1kgの脂肪が燃焼されます。1日ひたすら走り続けていれば、2kg程度の脂肪燃焼が可能です。
もっと多く脂肪を燃焼させたいと言うのであれば水泳です。1時間で1092kcal程度の脂肪燃焼が可能なので、ジョギングの倍には届きませんが、比較的早く痩せられます。
そして、咳はなんと1回で2kcalも消費できるので、運動の間ひたすら咳込んでいれば、更に脂肪は燃焼します。
しかし痩せたい痩せたいと言っても、実際にはそう簡単に行動に移せないのが人間です。それではもっと手軽に痩せてみましょう。
まず、すっぱいガムを噛みます。すると唾液が出てきます。その唾液をひたすら吐き続けてください。1時間で200gほど減るそうです。咳込みながら吐き出せば更に減るのではないでしょうか。
しかし、さすがにそれはやりたくないという人は、もう何もしないで痩せましょう。
そもそも、人の体には「無くても生きていけるもの」がいくつもあります。内側から1つ取っただけで死んでしまうのであれば、盲腸を切除した私もとっくに死んでいるでしょう。
では無くても生きていけるものとは何かと言うと、ここで「まず脂肪吸引から」なんて言ったら興ざめですから、髪の毛に目を向けましょう。頭部を保護する髪の毛ですが、無くても生きてはいけます。髪の毛を10万本抜けば、当然長さや髪質などに左右されますが、100g以上は減るそうです。
そして少なくとも聞いたことくらいはあると思います腎臓摘出。これも個人差はありますが150g程度です。最後に肺の片方摘出で1000gも減ります。

いかがでしょうか。方法さえ選ばなければいくらでも痩せる方法はありますね。しかしここまでして痩せたその先に一体何があるのでしょうか。やはり地道な努力で痩せることが、体にも自分自身の精神にもよろしいかと思います。
長期に亘って行うのであれば、いくつか紹介したい方法もあったのですが、現代ではそんなもの検索すればいくらでも出ますね。

ちなみにこれが人間の中身の写真
2012020822410000.jpg
の、予定でしたが、なくしてしまったのでインドカレー屋で購入した怪しげなインドDVDです。

http://shimasoldier.blog10.fc2.com/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。