スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスハガーの如く。

おはようございます。山菜サボテンです。

今回も本から知識を拝借すべく適当に引っ張り出したところ、なかなかにインパクトが強い名前を見つけました。その名もズバリ「ヒトクイバエ」。といってもSF映画か何かに出てくるような異形なハエでもなければ、中国の黄色いあのロボットみたいに大きいわけでもなく、わりと普通のハエです。
では何がヒトクイバエか。このハエはまず洗濯物などに卵を産み付けます。そしてその卵が孵化し、幼虫がついたままの洗濯物を着る。この接触により、幼虫は人間の皮膚に侵入します。そしてそのまま寄生を始め、人間の組織を食べていきます。組織が食べられたところには丘疹(蚊に刺された時のように皮膚が盛り上がる)が出て、激しい痛みを覚えます。
そのまま幼虫は成長を続け、1cmを越えたあたりで体内から出て行きます。当然出て行くときは入る時と同様に人間の皮膚を突き破って出て行きます。最初の何倍もの大きさで。
死体に蛆虫が湧くというのは周知の事実ですが、まさか生きている人間に同じことをしてくるとは恐ろしい限り。幸運なのはこのハエが生息するのがアフリカ方面だということでしょう。

ではこのハエへの対抗策が無いのかといえば決してそんなことはなく、アイロン程度の熱で幼虫は死んでしまいます。つまり洋服を着る前に毎回アイロンをかければこのハエに寄生される可能性は限りなく低くなるわけです。
非常に面倒ですが、寄生を防げて洋服のシワが消えるのであれば、まあ我慢してやるしかないですね。



関係ないですが、マクドナルドの期間限定メニューは美味しいけど高いと思うんです。
11-02-02_002.jpg

http://www.shimaya.net/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。