スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡を外すと人相が悪くなる人は余計にマイナス。

おはようございます。山菜サボテンです。今回は大韓民国のお話です。「韓国」と略されるのは気持ちのいいものなんでしょうか、それともあまり気分がよくないんでしょうか。
いまや知らない人を見つけるのはツチノコを見つけるよりも大変そうな知名度を持つK-POP。その効果もあって、だいぶ韓国については知られるようになってきました。特に目上の人に対する態度は有名なところでしょう。代表的なものを挙げれば、「酒を呑む際は、目上の人に口を見せないように横を向き、口元を手で隠す」というもの。日本では乾杯してそのまま一気にグッと行くのが通例になっているので、うっかりやってしまうと驚かれるかもしれません。その時は「日本人なので」と言えばだいたいどうにかなるでしょう。ちなみに目上の人に挟まれた状態で呑む場合は、後ろを向いて呑まなければならないため、知らない人が見たら気分が悪くなったと勘違いされるかもしれません。そういう時は「나는 한국인입니다」と言えば、ハングルを理解できる人は理解してくれるでしょう。
また、最近は無くなりつつあるらしいのですが、「目上の人の前では眼鏡を外す」というものもあるそうで、眼鏡は知識を象徴するため、それを目上の人にひけらかす事になるため外すのだとか。ケント・デリカットのネタをやろうものなら、殴られても文句は言えないかもしれません。また、一昔前では女性が眼鏡をかけることはタブーとする風潮があったそうなので、そうなるとハリセンボンの春菜さんは常に角野卓造さんになるので、当時では一大事だったことでしょう。
こうなると、目下は目上への気遣いが多くて大変だなあと思ってしまいますが、目上の人もそれなりの態度を示す必要があり、代表的なものとして「目下の者へは必ず奢る」というものがあり、日本でも目上の人が多く払ったりする風潮がありますが、韓国では目上の者が全て払うのが当たり前だそうです。では部下が上司に「呑みに行きませんか」と誘った場合ですが、この場合でもこの牙城は崩れません。目下の者が誘っても、目上の者が払います。また、恋人同士の場合、日本でも男性が多め払うか奢るのが一般的ですが、韓国は基本的に全て男性が払います。ゲイの場合は残念ながら情報が入っていません。
ちなみに同じ立場同士、いわゆる同僚との食事だった場合ですが、日本では割り勘ないしは自分が食べた分を払うというのが一般的ですが、韓国に限らず世界的に見れば「今回は私が払うから、今度奢ってね」という感じで、どちらか一方が払って済ませてしまいます。もしどちらかが誘ったのなら、誘った側が払うのが一般的で、割り勘なんていうのは非常に神経質に見えるそうです。日本人らしいと言えば日本人らしいのでしょう。

こうして見てみると、少しやり過ぎな感じは否めませんが、目下は目上を敬い、目上は目下の面倒を見るという図式がガッシリと出来上がっているという面では、特に最近の日本は言葉遣いが乱れている風潮があるので、見習うべき部分はあるのではないでしょうか。目下の態度が良くなるか、目上の財布が空になるか、一体どちらが先でしょうか。

11-09-14_001.jpg
こういったいわゆるポケット辞書が実際に役立ったという話をあまり聞かないんですが、どうなんでしょうか。

http://shimasoldier.blog10.fc2.com/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。