スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曰く「美味しい」らしいです。

おはようございます。山菜サボテンです。
ホラーの定番の1つに人を食べるというものがありますが、わりと実際にもこの手の事件や事案は発生していたりするもので。一方的な殺人がもちろん多いのですが、中にはいわゆる出会い系サイトで「食べさせてくれる人」を募集して、本当に食べてしまったというものもあったりします。海外の話ですが。
「人を食べるなんてどういうことなんだろうなあ。よく神経が耐えたなあ」なんて思いつつ他の事件も読んでいたら、なんと自分で食べるに飽き足らず、他人に食べさせている人も結構いました。ある場合は料理に混ぜて、またとある場合は脅して。
「凄まじい事件だなあ。でも全部海外か」と思っていたら、日本国内でもありましたそんな事件。昭和53年、暴力団の内部抗争で殺された暴力団幹部の手首が、ラーメン屋台のスープの出汁として煮込まれてました。ちなみにこの年の屋台のラーメン屋の売り上げは大幅に下がったそうです。特に件のラーメン屋が営業していたらしい東京では深刻だったとか。当然といえば当然ですね。「指紋から身元が判明するのを恐れた」そうですが、大変いい迷惑です。
私もラーメンは大好きなのですが、こういう事件が起きたら確かにちょっと敬遠してしまうかもしれません。しかし調べてみれば過去には人骨や死産した子供の肉を薬として売っていたり(どちらも昭和の日本の事件)、もっと遡れば、ミイラは万病の薬として当たり前のようにミイラの一部が入った薬が売られていたりと、ひょっとしたらどこかでなんらかの形で体の中に入っていたりするかもしれません。

最近のお気に入り。
11-08-23_001.jpg
こういう話題の後に飲食物を出すのもどうかと思いますが。

http://shimasoldier.blog10.fc2.com/

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。