スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日

高尾のブログの担当は金曜日である。
平成23年、西暦2011年5月13日 21時10分。彼は新宿駅にて電車に乗り込んだ。
そしてベンチに座ると電車を待っている時からしていた読書を続けた。
同日21時18分。発進した電車の中で高尾は眠気を感じていた。
しかしながら彼は巻末の解説のところまで終えた読書を完結するべく睡魔に対して戦端を開いた。
戦局が動いたのはその数分後。読書量にすれば2ページ読んだ後である。
高尾は意識が遠のくのを自覚し、
残すところ3ページほどになっていた銀河英雄伝説外伝4巻螺旋迷宮を取り落しそうになった。
ここに至っては彼も睡魔との休戦条約に調印せざるをえなかったのである。
同日22時06分、高尾は戦闘を再開させた。乗り換えのためである。
彼が自室にたどり着いたのは同日22時38分。
停滞しているかに見えた戦局が悪化の気配を見せたのはまさにこの時である。
高尾はブログのネタを用意しておらず、それについて考えなければならなかった。
さてどうしたものか。そう考えながら彼が横になった時に一つの破局が訪れた。
静かに忍び寄るように迫ってきた睡魔はこの機を見て全面攻勢を開始する。
それを受けた高尾は意識を失い、もはや丸太や泥と等しい存在になったのである。
彼が目覚めたのは翌5月14日土曜日 02時29分のことだった。
merourinnk.jpg

同人誌の歴史がまた1ページ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。